五十路男の成長ノート

一生勉強・一生成長  これが人生!

社会に対して何ができるのか?

昔は、こんなブラック企業からはサッサとおさらばして、人生をのんびり過ごせれば良いと思っていた。(可能な限りお金をいっぱい稼いでリタイアすること)

早い話が自分だけ良ければ良いと思っていた。

でも今はそんな考えはない。

 

そんな生き方は面白くないから。やっぱり、何かに燃えて、燃え尽きて、ポックリと逝きたい。

 

そんなときに出会ったのが三橋氏の新経世済民新聞。付加価値を生産しないかぎり社会は縮退していくという考え方に納得してしまった。自分だけよくてもダメ。周りもよくなければ生きていてもつまらない。

 

というわけで今は、生涯付加価値を生産しつづけて社会になんらかの貢献をしていくことが目標。これまで生かしてくれた社会への恩返しのつもりで。

 

どうありたいか?

何をするか? の自問自答が続く…