読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成長ノート

一生勉強・一生成長  これが人生!

お金の定義

経済

お金とは、価値を共通の尺度に置き換えたときに用いる共通認識のことだと思っていた。

 

しかし、お金の定義は、債権、債務の記録のことだそうである。

 

ちなみに債権とは資産のことであり、債務とは負債を意味する。

「債権=債務」が大前提であり、基本的にこの公式が崩れることはない。

 

目から鱗である。

 

この考え方であれば、国の債権を持っているのは日本国民であり、国の債務が増えれば国民の債権が増えることになるだけである。

したがって、「国の借金が増えて国家が破綻する」という話は大嘘ということになる。

 

納得!!!