五十路男の成長ノート

一生勉強・一生成長  これが人生!

デフレとは

デフレの定義の確認。

 

デフレとは、早い話が供給過多の状態。

 供給能力 > 総需要

 

人がお金を使わないので、モノ・サービスが余っている。

 

では、人はなぜお金を使わないのか?

 

原因はバブル崩壊による資産価値の下落

 ↓

お金が借金返済に回る

 ↓

需要が減る←------+

 ↓                         |

物価が下がる         |

 ↓                         |

所得が下がる------+

 

現在の状況は、こんな感じらしい。

これがデフレスパイラル

 

貨幣とは

貨幣とはお金、すなわち商品などを購入するときの価値の尺度だと思っていた。

 

正確にはこんな種類があるらしい。

 

1.決済の手段

  : 日銀が発行したお金 + 政府が発行した硬貨

     ※ お札と硬貨の発行元が違うとは知らなかった…

 

2.価値貯蔵手段

  : 保有する通貨量の残高

     ※ 銀行を介したお金の貸し借りによって増えた分も含む

 

3.価値尺度としての機能

  : モノ・サービスの購入に使われたお金

     ※ これが名目GDP(総需要)

 

 

知っているようで知らないことだらけ。

無駄に歳をとっていた。

ショック!

 

GDPデフレータ

理解不足だったGDPデフレータの定義を確認してみた。

 

名目GDP : 単純に売れた「付加価値」の生産数量に市場価格をかけたもの。

       物価が上昇している時や物価が下がった時の要素は度外視された数字。

        → その国の正確な成長率などは表現できない

 

実質GDP : 名目GDPから物価変動の影響を取り除いて計算したもの

 

GDPデフレータ : 名目GDPを実質GDPに計算し直す時に使われる物価指数

            (名目GDP÷実質GDP×100)%

                                      → 物価自体の変動の比率がわかる

             増加率がプラスの時はインフレ、マイナスの時はデフレ

 

なんとか理解できた。

理解の近道は言葉の定義を正確に認識するに限る!!!

 

三橋氏が言うことはこのことか。

 

 

 

 

経済状態を見る指標

経済状態を見る指標には、消費者物価指数GDPデフレータなどがあるらしい。

 

消費者物価指数(CPI)とは消費者が購入する際の価格の変動を表すものと思っていたが、これもいろいろあるみたいである。

 

コアCPI  : CPIから生鮮食品を除いたもの(現在の日本が指標としている)

コアコアCPI : CPIから生鮮食品+エネルギーを除いたもの(世界的にはこれが標準)

 

GDPデフレータとは、名目GDP/実質GDPで表す数値で、総合的に見るにはこの指標の方がいいらしい。

 

まだ理解不足…

 

インフレーションとは

よく聞く言葉、インフレ。

 

インフレーションとは、モノ・サービスの価格が上昇している現象である。

土地、株式などは、これには含まない。

すなわち、人が働いて生み出したものだけが、インフレに関わる要素になる。

 

現象的にはこんな感じ。

 供給能力 < 総需要

 

つまり生産が足らないときがインフレ状態。

 

今とはまったく違う。

 

日本銀行って何?

 そもそも日本銀行とな何だろう?

 

お札に出てきてよくお目にかかっていながら正確に理解してなかった。

 

早い話、日本銀行とは日本政府の子会社的存在であり、通貨の発行を行うところ。

日本政府は国債を発行するところ。

 

日本政府が国債を銀行から買い取り、日銀が通貨を発行することで、民間にお金が出回る。

こんな基本的なことも知らないとは…

我ながら情けない( ;  ; )

 

 

 

人のためなら頑張れる

 我が家は下町の住宅街の中にある。決して自然豊かなところではないが、すぐ近くに公園もあり、ホッコリできる。都会の中でも人の付き合いが密であり、地域の一員として暮らしていると思っている。

 そんな我が家の近くに高層住宅が建つ計画がある。周りはせいぜい3階立てが最高で高い建築物はないこの場所になぜ建つのか不思議でならない。平地に一本の大木がそびえ立つような感じで非常に違和感を感じる。建築予定地の隣の人は大迷惑だとぼやいている。

 

 業者との質疑応答の内容を見ると、結局は住民のことなど配慮もなく、収益を得ることだけが目的のような業者であると思える。

 

 近々住民説明会を開催するとのこと。この機会に住民として、地域の景観に少しでも配慮してもらえるように意見表明するべく資料の作成に追われた。

 今は仕事が非常に忙しい時期で、毎日帰宅は日付が変わる前あたり。この状況でなぜこんなに頑張る自分がいるのか?

 

 それはやっぱり、人のため・地域のために協力したいから。

 周りの人が困っているのを見過ごせないから。

 周りの人の笑顔を見ると嬉しくなるから。

 

日本人で良かったと思った瞬間。

日頃お世話になっている地域の人の少しはお返しが出来るかも…